すぐ使える!ギフト辞典

ブライダル/引出物

ブライダル/引出物

ギフトプラザ

Gift dictionary 02

引出物にはどんなものを選んだらいいの?

いくつあっても困らないもの、自分ではなかなか買わないけれどあると便利な物などがポイントです。
最近では引出物にもこだわって、全員同じ引出物ではなく、ゲスト別に贈り分けをする人も多くなっています。

ブライダル/引出物で悩むイラスト

引出物は、結婚式の披露宴でゲストの皆さまに配るメインギフトです。

引出物は結婚をお祝いしてくださったゲストの方々へのお礼の気持ちであり、自分たちの結婚式を思い出として残していただける記念品にもなります。
「メインギフト+引菓子+縁起物の食品」を合わせて引出物と呼ぶ場合もありますね。

ギフトプラザ:ブライダル・引出物コーナー

予算はひとり4,000~5,000円程度が一般的です。

引出物の予算は地域や風習によっても多少違いがありますし、友人関係と親戚関係では値段や中身を変えるという場合もあります。
他の引菓子などと合わせての金額で調整することもあるので一概には言えませんが、一般的にはひとり4,000~5,000円程度だと思います。

定番品は食器類やカタログギフト。
ゲストに喜んでいただけるものを。

いわゆる定番と言われるものは上記2つですが、実用的でシンプルなものを選ぶのが間違いありません。いくつあっても困らないもの、自分ではなかなか買わないけれどあると便利な物などがポイントです。
最近では引出物にもこだわって、全員同じ引出物ではなく、ゲスト別に贈り分けをする人も多くなっています。
選ぶカップル 性別・世代・家族構成などで贈り分けをする方が多いですね。それなりに手間はかかりますが、せっかくの引出物ですので、ゲストの満足度アップを目指すのも良いと思います。
また、地域や風習によっても準備するものが違っていたりすることもあるので、ご両親の意見を踏まえることもお忘れなく。

贈り分けをするときは、会場への依頼はわかりやすく、あまり差をつけすぎないようにしましょう。

引出物は会場の係りの方がゲストの席にセッティングしてくれるのが普通なので、事前にどなたに何を差し上げるのかをしっかり打ち合わせをすることが大切です。基本的に同じ紙袋を使用しますので、間違いが生じないよう細心の注意が必要です。
さらに、贈り分けた結果、サイズがあまりにも違うなど、パッと見で明らかに中身が違うとわかるようなものは避けたほうが良いでしょう。

引出物で贈ってはいけないNG商品は知っておきましょう。

たとえば、ハサミや包丁などの刃物は「切れる=縁が切れる」ということで、縁起が悪いとされています。
グラス・陶器なども昔は「割れる=破断」ということでタブーとされていましたが、包装現在ではグラス・陶器などは逆に人気のあるギフトになっています。
また、引出物の品数が偶数(割り切れる数字)も縁起が悪いとされており、品数は奇数で揃えたほうが良いとされています。
現代では無理をしてまで、これらの風習に合わせる必要はありませんが、大人のマナーとして理解しておくと良いと思います。

準備は、挙式の半年~3ヵ月前くらいまでで品物を探し、2ヵ月前には注文しましょう。

式場やドレス、料理や演出などに気を取られてしまい、どうしても引出物は最後になりがちです。
しかし、ある程度の数を準備しなくてはいけないですし、例えばこだわってオリジナル性を出したい、となると引出物を揃えるにも時間がかかります。最低でも2ヵ月前には商品を決定し、注文をしておきましょう。
招待状の返事などが来てからでも多少の数の調整は可能ですので、最初はある程度の数を把握しておけば大丈夫です。
焦って決めて、あまり納得のいかないものにならないように注意しましょう。

「のし紙」は『寿』の表書きで、下には両家の姓を書きます。

記念品や引菓子につけるのし紙は紅白十本の結び切りにし、表書きは「寿」、下には両家の姓を書きます。
結び切りの水引には“ほどけない”という意味で、一度きりにしたい事に使用します。

のし

引き菓子はバームクーヘンが定番。1,000円~1,500円のお菓子が平均的に選ばれます。

引菓子とは引出物に添えてお渡しするギフト。
ゲストが結婚式を思い出しながら家族や友達と味わうものとされています。
バウムクーヘンに代表されるような、1,000円~1,500円のお菓子が平均的に選ばれます。賞味期限が短いものは、家族構成により一度に食べられないこともあるので、日持ちする焼き菓子などが人気です。また、季節によって鮮度や日持ちを考えて選ぶようにしましょう。

地方によっては縁起物を添える場合もあります。

地方によっては引菓子のほかに、縁起物を添える場合もあります。
代表的なものは「かつおぶし」や「お赤飯」などです。古くから「縁起をかつぐ」ものとして、おめでたい席には欠かせないアイテムでした。現代では商品やパッケージに工夫のあるオシャレなものも多いので、若い方でも抵抗なくご準備していただけるかと思います。

プチギフトは披露宴のお見送りや二次会などで「ありがとう」の言葉とともに手渡しするギフトです。

プチギフト写真

ドラジェやチョコなどのお菓子が定番ですが、最近は実用的な小物も多くなりました。
ゲストに対するメッセージや新居案内のカードを添えるなどの工夫があると、さらに喜ばれますね。また、プチギフトだからこそ自分たちのセンスやちょっとした遊び心を出しやすいものでもあります。
かわいいギフトで幸せのおすそわけを。

引出物は基本的に家族単位で用意します。

夫婦2人や家族で出席してもらう場合、引出物は1セット準備すれば大丈夫です。
同居していて一緒に使うということを前提としてお渡しするのが基本ですので、同じものを2つもらっても…ということもあります。
ただ、ひとつでは心苦しいという場合は、種類の違うものをもうひとつ追加で用意するもの良いと思います。

受付・司会などの大役を引き受けてくれた友人にはお礼を。

ぬいぐるみ写真

特別な役割を引き受けてくれた友人・同僚には、お互いの関係性やお願いした内容によってお礼を考えましょう。
お金を包む商品券やクオカード、ちょっとしたプレゼントなどで、感謝の気持ちを伝えることが大切ですね。

ギフトプラザをご利用下さい

ギフトプラザマーク  ギフトプラザの便利なサービス

●ギフトプラザの新しい引出物のカタチ「寿手ぶら宅配便」
結婚式などお祝い事の引出物をご自宅に直接お届けする、オリジナル宅配サービスです。遠方からのゲストや二次会に参加するゲストが、大きな引出物を持たずに手ぶらでお帰りいただけるオススメのサービスです。

» 詳しくは、「寿手ぶら宅配便」をご覧ください

●式場への配達・宅配も承ります
こだわりの引出物を直接会場までお届けいたします。 打ち合わせ時にご相談ください。

ギフトプラザマーク  ギフトプラザからのご提案

●こだわりの引出物で思い出に残るウエディング
「友人の結婚式に行くと毎度同じようなものばかりで…」なんて思っている方へ、ギフトプラザが強い味方です。
カタログギフトなどの定番ギフトはもちろん、結婚式場ではまず準備できない商品をギフトプラザならご用意させていただきます。
ゲストの皆さんに自分たちの結婚式を思い出してもらえるような、素敵なアイテムを一緒にお探しします。
●ウエディングアイテムもご用意しています
ブライダルコーナー引出物、プチギフトなどはもちろん、招待状や席次表のペーパーアイテム、ウエルカムボード、ウエディングドールなど沢山のウエディングアイテムをご用意。ぜひ一度ご相談ください。
●思い出のお写真をオリジナルグッズにしてプレゼント
ポスター例

引出物などを5万円以上お買い上げいただいたお客様へ思い出のお写真で作れるオリジナルグッズをプレゼント致します。

» 詳しくは、「無料サービス・お買い上げ特典」をご覧ください