すぐ使える!ギフト辞典

長寿祝い

長寿祝い

ギフトプラザ

Gift dictionary 14

長寿祝いはどう祝うの?

長寿祝いには特別に決まったしきたりはありません。さらなる健康と活躍を期待する意味で、少々派手な誕生日として、家族がそろってお祝いすると良いでしょう。

長寿祝い

還暦は数え年61歳、生まれてからの干支が一巡したことをお祝いします。

還暦は数え年61歳で十干十二支が一巡りし「生まれた時の干支に還る」とされ、乳児に着せていた魔除けの赤い産着を、赤いちゃんちゃんこなどに見立てて贈るという風習があります。
しかし、現代では還暦といってもまだまだ若く、オシャレな方も多いので赤いちゃんちゃんこを着るのも記念写真の時だけというケースも多いかもしれませんね。

長寿祝いイメージ写真

還暦以外の長寿祝いは還暦からはじまり、100歳の百寿までが一般的です。

名 称 年 齢 祝い色 由 来
還暦
(かんれき)
満60歳 61年目に生まれた年と同じ干支に戻るという意味があり、「暦が還る=還暦」として満60歳、数え年で61歳で祝う。
古希
(こき)
数え70歳 「人生七十、古来稀なり」という中国の詩に由来。
喜寿
(きじゅ)
数え77歳 「喜」という文字の草書体が「七十七」と読めることから。
傘寿
(さんじゅ)
数え80歳 「傘」の略字が「八十」と読めることから。
米寿
(べいじゅ)
数え88歳 「八十八」を組み合わせると「米」という文字になることから。
卒寿
(そつじゅ)
数え90歳 黄・白・紫 「卒」という文字の草書体が「九十」と読めることから。
白寿
(はくじゅ)
数え99歳 「白」という文字が「百」から「一」を引いた形になることから。
百寿
(ひゃくじゅ・ももじゅ)
数え100歳 文字通り百歳のお祝い。

長寿祝いには特に決まりはありません。本人が喜ぶ祝い方を考えましょう。

長寿祝い商品写真

長寿祝いには特別に決まったしきたりはありません。さらなる健康と活躍を期待する意味で、少々派手な誕生日として、家族がそろってお祝いすると良いでしょう。
家族や親しい人を招いて祝宴を開いてもいいですし、温泉旅行などに招待してもいいかもしれません。
あとは還暦には赤、喜寿には紫など、お祝い色にちなんだ贈り物も記念になりますね。

長寿祝いのお返しは基本的に不要です。

お返しは一般的には必要ないと言われていますが、「長寿の喜びをおすそ分けする」という気持ちでお返しをすることも少なくありません。

ギフトプラザをご利用下さい

ギフトプラザマーク  ギフトプラザからのご提案

●お祝い席に定番の“ちゃんちゃんこ”をご用意
長寿祝い着写真

>ギフトプラザでは、長寿の記念品やお引き物を1万円以上ご購入いただいた方に、無料で祝着のレンタルサービスを行っています。
赤・黄・紫・白・金の色の祝着をご用意。「定番のちゃんちゃんこを用意したいけど、一度しか使わないし…」というお客様に大好評のサービスです。

» 詳しくは、「無料サービス・お買い上げ特典」をご覧ください

ギフトプラザマーク  ギフトプラザからのご提案

●長寿の記念品やお引き物にお名入れしませんか?
名入れ商品写真

「せっかくの長寿の記念に」と人気があるのが商品へのお名入れ。
長寿祝いの名称とご本人様のお名前を入れるのが一般的です。 お祝いとしてお渡しする場合、またご本人様がお引き物としてお配りする場合などでもご利用いただいています。
商品の形状や材質によっては、お名入れが難しい場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※こちらのサービスは版代・お名入れ代が別途かかります