すぐ使える!ギフト辞典

お中元・お歳暮

お中元・お歳暮

ギフトプラザ

Gift dictionary 09

お中元・お歳暮の相場はいくら?

一般的に、1個あたりのご予算は3,000円~5,000円が多いようです。
贈られた方の負担にならないよう、高額すぎる贈答品をお贈りするのは控えたほうが良いでしょう。

企業&個人記念品・粗品のイラスト

贈る方は、結婚されている場合は双方の実家や親戚、仲人さんなどが一般的です

その他には、会社の上司、取引先、恩師、習いごとの先生、友人など。日頃お世話になっていてお礼をしたい人、感謝をしたい人、また、離れて生活している身内などへの「ありがとう」と「これからもよろしく」という気持ちを込めて贈りましょう。
また、お中元を贈ったらお歳暮も贈るのが基本マナー。 もしどちらか片方だけにしたい場合は、お中元をやめてお歳暮だけを贈るようにします。

お中元・お歳暮

一般的に、1個あたりのご予算は3,000円~5,000円が多いようです。

贈られた方の負担にならないよう、高額すぎる贈答品をお贈りするのは控えたほうが良いでしょう。
また、人気のあるのは食品・日用品など、長く残らない品物をお贈りするのが良いとされているようです。
相手の方の家族構成や好みなど、お贈りする方の状況を考慮した品物を贈りたいですね。

お中元を贈る時期は、関東では7月15日まで、関西では8月15日までが一般的なようです。

お中元・お歳暮お中元を贈る時期は地域によって大きく異なります。これは、関西方面では月遅れのお盆にあわせる意味合いもあります。
しかし、現在では地域に関係なく、7月に入ってから、早めに済ませる方が多いようですね。
ただし、8月15日のお盆を過ぎないように気をつけましょう。 時期を逃してしまった場合は「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。

お歳暮を贈る時期は、12月上旬から20日頃までに届くといいですね。

早い地域では11月下旬からというところもあるようですが、一般的には、12月上旬から20日頃までに届くように贈るとよいでしょう。
年内に贈る時期を逃してしまった場合は、1月15日くらいまでなら「御年賀」、それを過ぎたら「寒中御見舞」「寒中御伺」などとして早めに贈ります。

お中元・お歳暮

相手が喪中でもお祝いではないので、お中元・お歳暮は贈って問題ありません。

当方・先方のいずれが喪中であっても、日頃の感謝のご挨拶なので、どちら側も問題はありません。
ただし、四十九日を過ぎていない場合や先方がまだ落ち着かない場合は、時期を遅らせて「暑中見舞」や「残暑見舞」として贈りましょう。

ギフトプラザをご利用下さい

ギフトプラザマーク  ギフトプラザの便利なサービス

●面倒な送り先の住所記入が不要です
一度ギフトプラザでお中元・お歳暮などの発送をしていただくと、その送り先情報がデータとして残りますので、次回からは面倒な住所の記入が必要ありません。
住所リストはお中元・お歳暮前のご案内に同封いたします。店舗でも住所リストの出力は可能ですので、ご相談ください。

ギフトプラザマーク  ギフトプラザからのご提案

●こだわりお中元・お歳暮をお世話になったあの方へ
お中元・お歳暮コーナー写真

「お中元・お歳暮のラインナップって毎年一緒でつまらない」なんてことありませんか?
ギフトプラザでは定番アイテムはもちろん、その年の流行や、その地域の名産品などをご用意して飽きのこない商品提案を心がけています。
産地から直送される新鮮な直送品コーナーも大きく展開。ぜひ一度ご来店ください。