すぐ使える!ギフト辞典

結納

結  納

ギフトプラザ

Gift dictionary 01

しきたり、準備するものなどどうしよう?

結納品とは、新郎家から新婦家へ納められる縁起物で、正式には9品目あり、それぞれに意味があります。
その中に一般的に結納金といわれるものも含まれ、金額に明確な決まりはありませんが、切りのよい金額を新札で用意しましょう。

ブライダル/引出物で悩むイラスト

結納は、両家の「結」びを祝い、贈り物を「納」める儀式のこと。

結納をすることによって、結婚の約束が正式に交わされたことになります。
結納には正式結納と略式結納があり、正式結納は仲人が両家を往復して結納品を届けるスタイル。
略式結納は両家どちらかの家やホテル・料亭などに両家が揃って結納を交わすスタイルです。最近の主流は略式結納で、あまり形式ばらずに気楽に行いたいというカップルが多いですね。

ギフトプラザ:結納コーナー

結納は、一般的には挙式の3ヵ月~半年前に行うことが多いです。

「いつ」という決まりがあるわけではありませんが、挙式の3ヵ月~半年前に行うカップルが多いようです。
いわゆる大安吉日の午前中が縁起も良くオススメですね。とはいえ、お仕事の都合などで、両家の都合の良い土日祝日を選ばれることが多いです。

「絶対に」というものでもありません。

結納品の写真結納をやる、やらないは自由なので、絶対にやらなければならないというものではありません。
ただ、結婚は人生の中でも大きなイベントであり、本人同士はもちろん、両家の繋がりという意味を持つものです。
後になって「やっぱりやろう!」とはいかないものなので、両家で相談をして決めるようにしましょう。

メインの結納品の他にいくつか準備するものがあります。

結納品の写真結納品とは、新郎家から新婦家へ納められる縁起物で、正式には9品目あり、それぞれに意味があります。
その中に一般的に結納金といわれるものも含まれ、金額に明確な決まりはありませんが、切りのよい金額を新札で用意しましょう。 更に結納品には「目録」という、結納品の品名と数量を記載した納品書のようなものが含まれています。
新婦側ではそれに対する領収書として「受書」というものを準備します。
その他として、両家それぞれが「家族書」と「親族書」という両家の家族・親戚を紹介し合うための書類を準備するのが一般的ですね。 最近では、これらを一式セットにして「結納セット」として販売していることも。

結納返しの形式、相場は地域で大きく異なります。

結納返しとは、新婦家から新郎家へ贈る結納品のようなもの。
どちらかといえば、結納品に対するお返しという意味合いが強いかもしれません。 ただ、地域によっては結納返しの風習がない場合もあったり、最近では腕時計やオーダースーツなどをお返しするというケースも。
この辺りのさじ加減も、両家であらかじめ相談をしておきましょう。

ギフトプラザ:結納コーナー

ギフトプラザをご利用下さい

ギフトプラザマーク  ギフトプラザの結納品

●結納のご相談もギフトプラザへ!
結納品の写真ギフトプラザなら結納にかかわる一式が揃います。
結納セットはもちろん、家族書・親族書などの単品でもご提供可能です。
また、筆耕・代筆も承ります。お気軽にご相談ください。