お客様とのドラマ

お客様とのコミュニケーションから始まる小さいけれど、すてきなドラマがあります。

お客様とのドラマ 02

仲のいいご夫婦のご主人が亡くなられて・・・。商談よりも、悲しみを共有したいという思いに。

本部 採用教育部 渡部 崇

渡部崇

仙台の店舗にいたときに、70代くらいのご夫婦に出会いました。いつもおふたりでいらっしゃるお客様で、お中元やお歳暮だけではなく、小さな手土産やご自宅で使われる物まで、ギフトプラザで購入してくださっていたんです。
ご主人が「これがいいんじゃないかな」とリードして、奥様がニコニコしながら「そうね」と賛同するような仲のいいご夫婦でした。
ところがある日、奥様から「四十九日の法要に使うお引物がほしい」というお電話が。
驚いたことに、ご主人が亡くなられたのです。
「いつもお父さんが決めてくれていたから…」と心細げに話す奥様が心配になり、さっそくカタログと商品見本をいくつか持ってお宅にうかがいました。
お引物は2〜3分くらいでお任せいただき、あとはずっとご主人の思い出話になりました。「うちのお父さんのことも分かってくれている人だから」という安心感もあって、いろいろとお話してくださったのでしょう。
初めてひとりで選んだ品がご主人の法要のお引物。その悲しみを、分かちあったひとときでした。

オンラインショッピング

贈り物選びに困ったら

詳細

お近くのギフトプラザ

お近くの「ギフトプラザ」
各店へお越し下さい。

福島県を中心に、東北・北関東・北陸で営業中です。詳しくはこちらをご覧ください。

詳細

お問い合わせ

ギフトに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ

FreeDial
0120-234-513