ギフトプラザ採用

ギフトプラザ採用

Only in JAPAN

私たちは
ビジネスモデルに
自信と誇りを
持っている。

日本にいくつ
あるだろうか?

本当に確固たるビジネスモデルを持っている企業は、日本にいくつあるだろうか?どこか欧米の真似事だったり、誰かの二番煎じだったりが少なくない。最も日本企業が弱いとされている事の一つです。これまでカタログ販売が主流であったギフト業界、そこに対面販売重視のコンセプトをはじめて持ち込んだのがギフトプラザでした。「もっと戦略的にもっと挑戦的に」を合い言葉に今では日本唯一のビジネスモデルを持つ企業として成長を遂げています。それは私たちの自信と誇りです。

追随できない、
真似できない。

創造的・革命的なトライ&エラーを繰り返し、現在のモデルは少しずつ確立されてきました。そして今、そのトライは新システムの導入、新店舗大幅増計画、店頭公開計画として現在進行形で動いています。つまりギフトプラザのビジネスモデルの追究には終わりはありません。だから誰も追随できない、そして真似できない。それは企業の根底が、企業を大きくしたいと願う私たち自らが発する「情熱」によって突き動かされているからなのです。この情熱を持って仕事に取り組む姿勢こそが「ギフトプラザイズム」なのです。

Vision

私たちの4つのビジョン

  • VISION

    01

    ギフトプラザ採用

    強みの更なる進化

    当社は、「ギフト専門の小売チェーン」として他社と一線を画したビジネスモデルの下、地域のお客様との信頼関係を構築する事で、創業以来、安定成長を続けて参りました。一般的に、小売業での新規顧客の獲得は、既存顧客の維持と比較して5倍のコストが発生するといわれています。当社のビジネスモデルは、一人のお客様を獲得すると、長年に渡るお付き合いに繋がることで、とても効率的に利益を生み出すことが可能となっています。この経済性が、創業から現在までの安定した成長の礎となっており、時代に合わせ「強みの更なる進化」を目指しています。

  • VISION

    02

    ギフトプラザ採用

    市場環境の変化へのチャレンジ

    お客様の購買行動や競合環境の多様化、少子高齢化や核家族化、贈答品市場の習慣の変化など、当社を取り巻く外部環境は大きく変化しています。第2創業期を迎え、現在まで成長を支えた強み・長所は継続して強化し、弱みや変化が必要な点については迅速かつ適切に「変革」し、「永続的な成長につながる仕組み 」を構築していきます。

  • VISION

    03

    ギフトプラザ採用

    10年ビジョンの策定

    企業理念に基づいた、この先10年で実現したい新たな大きな夢=ビジョンを以下3つの視点で社員と共に策定中です。 1)会社成長、2)地域貢献、3)社員のやりがい、そしてこの夢の実現に向けた中期計画を立案しています。この計画の骨子は、収益の柱である店舗運営・出店計画、 新規事業計画、マーチャンダイジング改革、メーカ様との関係性強化、そして成長のエンジンである社員の幸せとやりがいの追及に向けた、キャリアパス制度構築や働き方改革の推進となります。

  • VISION

    04

    ギフトプラザ採用

    新たなミッション

    2019年現在、福島県を中心とした南東北エリアに22店舗を運営しています。今後は、北関東、甲信越エリアへの出店強化も計画中です。また本部においても、商品開発プロジェクトの発足、新店舗システムの導入、採用・研修部門の強化など、若手の社員が新しい店舗、新しい業務で活躍できるチャンスが拡がっています。そして会社の「大きな夢の実現=大きな成長」を通して、「社員の夢の実現=自己実現」に繋げていく事が、第2創業期におけるミッションであると考えています。

Otsuka Co.,Ltd. Recruiting

Heart and Passion マイページ