おくりもの講座

おくりもの講座の詳細

毎週月曜日15:15〜15:25 FMふくしまで放送中

ギフト専門店の「ギフトプラザ」がおおくりする、冠婚葬祭、贈答に関する
文化・マナーなどわかりやすくお伝えしています。

第11回

2015.1.12 放送

 成人の日「成人式」

●成人式の由来は?
→昔、数え年で15歳になった男子は、
 髪型や衣服を改めて成人の証とする「元服式」を行っていました。
 元服は人生の四大儀式「冠婚葬祭」の「冠」にあたる重要な儀式で、
 成人式はこの元服式が由来となっています。
 女性の場合、元服はありませんでしたが、
 それとは別の「裳着(もぎ)」と呼ばれる通過儀礼がありました。
 この通過儀礼を過ぎると、
 当時の女性は子供から大人になったとみなされ、
 結婚する事もできるようになりました。

 現在の成人の日は1月の第2月曜日。
 その年度内に20歳を迎えた、もしくは迎える人を新成人として、
 自治体などの主催で、各地でお祝い行事が行われていますね。

●初めての成人式はいつどこで?
→実は二十歳が成人という考え方は意外にも歴史が浅く、
 第二次世界大戦が終わった直後の1946年から成人式が
 行われるようになっています。
 その年、埼玉県の蕨市(わらびし)で
 日本で始めての成人式が行われました。
 戦後の厳しい社会情勢の中で、
 将来を担う若者たちを激励しようということで当時の蕨町が
 青年祭を企画し、「成年式」と呼びました。
 これが非常に好評で、全国的に普及させようと言う運動が起こり、
 成人の日が制定されたようです。

●成人式ではなぜ振袖?
→昔、振袖には恋愛のサインが隠されていたようです。
 女性から思いを伝えることがタブーとされていた時代、
 この袖を振ることで感情を表現していたとされています。
 現在でも恋愛関係で「振る」「振られる」という言葉が使われるのは
 ここに由来しています。
 こうして若い女性は良縁を願って袖を振るようになり、
 その効果を高めるためにどんどん袖が長くなったと考えられています。
 そして、既婚の女性は袖を振る必要がないため、
 振袖の袖を短く詰めて留袖として着用していました。

 また、振り袖には「長い袖で厄を振り払う」という意味もあります。
 19歳は女性の厄年であり、
 さまざまな災難や病気などから身を守るための
 厄払いの意味もこめられています。

●成人のお祝いをいただいたら
→成人祝いは身内のお祝いなので、
 基本的にはお返しは不要とされています。
 ただし、お祝いをいただいた場合は、大人の仲間入りとして、
 本人が必ずお礼の電話か手紙などでお礼の気持ちを伝えましょう。
 何かしらお返ししたい場合は、自分の名前でのしを付けて
 ちょっとしたものをお返ししてもいいですね。
 一般的にお返しは半返しと言われていますが、
 現在の20歳は、まだ学生のことも多いですので、
 半返しにこだわらずに、気持ちだけでよいと思います。

 放送内容を再生

再生できない場合は音声をダウンロードしてお聞きください。

放送内容ダウンロード(MP3)

おくりもの講座では、冠婚葬祭・贈答マナーについて、皆さまからの質問をお待ちしています。
いただいた質問にはメールにてご返信をさせていただきます。また、内容によってはラジオ放送の参考にさせていただきますので、どんどん質問をお寄せください!

radio@gift-p.com

QRコード画像

 表紙はこちら

お近くのギフトプラザ

お近くの「ギフトプラザ」
各店へお越し下さい。

福島県を中心に、東北・北関東・北陸で営業中です。詳しくはこちらをご覧ください。

詳細

オンラインショッピング

贈り物選びに困ったら

詳細

お問い合わせ

ギフトに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ

FreeDial
0120-234-513