おくりもの講座

おくりもの講座の詳細

毎週月曜日15:15〜15:25 FMふくしまで放送中

ギフト専門店の「ギフトプラザ」がおおくりする、冠婚葬祭、贈答に関する
文化・マナーなどわかりやすくお伝えしています。

第94回

2018.1.22 放送

 「初節句」について

≪放送内容概要≫

●初節句とは?
→「初節句」とは、赤ちゃんが生まれてから最初に迎える節句のことで、
 これからの成長と厄除けを祈願する行事です。
 女の子なら3月3日の桃の節句(上巳の節句)にひな人形を飾り、
 男の子なら5月5日の端午の節句に五月人形やこいのぼりを飾って
 お祝いしますね。


●初節句の由来
→もともと一年の中での節目となる日が節句と呼ばれています。
 もとは中国から伝わった暦上の節目の日で、
 日本に伝わった後に徐々に変化して、
 江戸時代にはお祝いの日として公式に定められたようです。
 節句は1年に5つあり、1月7日(人日)、3月3日(上巳)、
 5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を
 五節句といいます。

 「桃の節句」の起源は300年頃の古代中国にさかのぼります。
 季節の節目を邪気払い行事として皆の幸福を願うものでした。
 それを遣唐使が日本に伝えたと言われ、
 日本独特の文化として定着しました。
 平安時代には紙の人形をつかった雛遊びが行われるようになり、
 それが雛人形の原型と言われています。
 もともとは、人形を川に流して邪気を祓う流し雛が行われていましたが、
 やがて江戸幕府が3月3日を「桃の節句」と定めると、
 雛祭りは町をあげての楽しい行事となり、
 我が子の幸せを願う行事として親しまれるようになりました。

 また、「端午の節句」も、もともとは古代中国発祥の厄祓い行事です。
 それが平安時代に宮中行事となり、貴族同士で薬玉(くすだま)を
 贈り合ったりする様子が『源氏物語』や『枕草子』にも紹介されています。
 当初は若い女性のための行事でしたが、鎌倉時代、江戸時代には、
 武士の力が強くなったため、男の子が強く逞しく成長して
 立身出世することを願う行事として定着したようです。


●初節句の祝い方は?
→女の子の初節句には雛人形を、
 男の子なら五月人形やこいのぼりを飾ります。
 そして両家の祖父母や近い親戚などを招いて、
 祝宴を開くのが一般的です。
 現在ではあまり堅苦しく考えずに大丈夫。
 自宅では難しい場合は、どこかお店などを予約して、
 皆さんでお食事会ということでも良いと思います。
 また、初節句の記念に赤ちゃんや家族で
 写真館などで写真を撮るなんてことも多いですね。
 写真館でなくても、お人形の前で記念写真を撮るだけでも
 良い思い出になりますね。


●赤ちゃんの誕生日から節句の時期が近い場合は?
→赤ちゃんが生まれたタイミングによっては、
 初節句がすぐ間近にせまっている!なんてこともありますよね。
 赤ちゃんが生まれてから21日以内に節句を迎える場合は、
 翌年に持ち越して行うという考え方もあるようです。
 もしくはお宮参りくらいまでという地域も。
 実際のところ、1~3ヵ月以内の場合でも、
 翌年へ持ち越すケースもありますね。
 どうしても生まれてすぐは、お母さんの体調も戻っていなかったり、
 赤ちゃんもまだまだ小さくてお世話も大変ということもあります。
 また、いざお人形を購入するとなった時に、
 節句のお人形はどうしても季節商品なので、
 あまりギリギリだと売れてしまって選択肢が少ない...
 なんてこともありえます。
 最近では、ひな人形なら1月中、5月人形は3月中には、
 人気のものはほとんど売れてしまう傾向があります。
 生まれた年に行うか、来年に持ち越すかについては、
 いろいろな要素を踏まえたうえで、自分たちのペースで大丈夫ですので、
 両家と相談して決めてください。


●雛人形・五月人形は誰が用意する?
→本来は、初節句の人形は母方の祖父母が用意すると言われていました。
 また、兜などの五月人形は父方の祖父母が贈るのが正式だ、
 なんて話も聞いたことがありますね。
 こうした風習が残っている地域もありますが、
 現在では特に誰が用意すると決まっているわけではありません。
 両家で折半するというケースも増えていますね。
 また、おじいちゃん・おばあちゃんが
 孫のためにと一生懸命選ぶ姿も見られますが、
 最近では家族そろって赤ちゃんのパパとママも一緒に選んだり、
 パパとママだけで選んで、お金はおじいちゃんおばあちゃんから...
 なんて話もよく聞きます。
 ただ、せっかくの初節句ですので、
 家族みんなで赤ちゃんのために良いお人形を選んでいただきたいですね。


●お祝いのお返しは必要?
→初節句は基本的には家族のお祝いなので、
 お返しは必要ありません。
 また、祝宴を開く場合はそれがお返しとなります。
 ただ、祝宴にお招きしない方からお祝いをいただいた場合は、
 内祝いを子供の名前でお返ししましょう。
 内祝いの予算は、いただいたお祝いの半額程度を基準に。
 その時は、人形と一緒に撮ったお子様の写真を一緒に送ってあげると
 いいかもしれませんね。

 放送内容を再生

再生できない場合は音声をダウンロードしてお聞きください。

放送内容ダウンロード(MP3)

おくりもの講座では、冠婚葬祭・贈答マナーについて、皆さまからの質問をお待ちしています。
いただいた質問にはメールにてご返信をさせていただきます。また、内容によってはラジオ放送の参考にさせていただきますので、どんどん質問をお寄せください!

radio@gift-p.com

QRコード画像

■その他のタイトル

 表紙はこちら

お近くのギフトプラザ

お近くの「ギフトプラザ」
各店へお越し下さい。

福島県を中心に、東北・北関東・北陸で営業中です。詳しくはこちらをご覧ください。

詳細

オンラインショッピング

贈り物選びに困ったら

詳細

お問い合わせ

ギフトに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ

FreeDial
0120-234-513