おくりもの講座

おくりもの講座の詳細

毎週月曜日15:15〜15:25 FMふくしまで放送中

ギフト専門店の「ギフトプラザ」がおおくりする、冠婚葬祭、贈答に関する
文化・マナーなどわかりやすくお伝えしています。

第112回

2018.5.28 放送

 数珠(念珠)について

≪放送内容概要≫

●そもそも数珠とは?
→数珠、または念珠(ねんじゅ)とも言いますが、
 現在は「ご法要の際に持っていく」という感覚で捉えられていると思います。
 ですので、社会人の方であれば、とりあえずは持っているという方が
 多いですよね。
 ですが、そもそもの数珠の役割は、お念仏をあげる際、
 読む回数を記憶するためのものなんです。
 お念仏の回数を記憶するために、数珠の珠を指で動かして使用していたことが
 数珠の語源とされています。
 一方、念珠という呼び方は、数珠に念(思い、願い、祈り)を込めた物と
 言う意味から、このように呼ぶようになりました。
 この念珠という呼び方からもわかるように、
 ご法要の際のお道具という意味合いはもちろん、
 実は魔除け・厄除けのお守りとしての役割もあります。


●念珠はお守り?
→念珠は、持っているだけで功徳(くどく→ご利益)があるとされ、
 災いを取り除き、平穏や安らぎを得られると言われており、
 魔除け・厄除けのお守りとされています。
 ですので、ご法要の際だけ持っていくというのではなく、
 お念珠袋に収めて普段から持ち歩かれるとよいと言われています。
 念珠は持っている人の念がこもったものなので、
 人に貸したり、借りたりするものではありません。
 ご法要の際にきちんと自分のものを持っておくことはもちろん、
 お守りとして、ひとりにひとつ、あると心強いですね。


●数珠に違いはある?
→お坊さんが持っているような正式なもの、
 普段私たちが持っているような略式なもの、
 また、宗派の違いによっても長さ・形が異なります。
 数珠は多くの珠を繋いで輪にしたもので、
 珠の数は108個のものが正式とされ、宗派によって形が異なります。
 108珠の由来は、108の煩悩を消滅させる
 功徳があるからだといわれています。
 除夜の鐘と同じ数ですよね。
 この正式な数珠を、本連(ほんれん)数珠とか、
 二輪(ふたわ)数珠といいます。
 それに対して、現在では持ちやすくする為に珠の数を減らした、
 略式の数珠が一般的によく使われています。
 略式の数珠は、18~43個くらいの珠で作られていて、
 大きい珠の場合は数が少なく、小さい珠の場合は数が多く、
 数に決まりはありません。
 この略式の数珠を、片手数珠とか、一輪(ひとわ)数珠といいます。
 この略式のものは、すべての宗派でお使いいただけて、
 珠の種類や房の形も宗派による決まりは特にありません。


●数珠の持ち方について
→ご法要の際、数珠の持ち方には決まりがあります。
 座っているときは、左手首にかけておき、
 立って歩くときは、房の部分を下にして左手で持ちます。
 また、長い数珠の場合は二重にします。
 そして御焼香の時は、数珠の房を真下に垂らして、
 親指以外の4本の指にかけて親指で軽く押さえます。
 指を伸ばし両手をぴったり合わせましょう。
 一般的にはこれでOKですが、
 宗派や数珠の種類によってマナーが異なる場合もあります。


●なぜ左手?
→数珠は古代インドの時代に起源があり、左手に数珠を持つ理由も、
 インドの伝統的な考え方にその由来が隠れているようです。
 インドには、右手は清浄なる手、左手は不浄の手という考え方があります。
 例えば、インドでは右手でご飯を食べ、左手はトイレの時に使うとか、
 テレビなどで見聞きしたことありませんか?
 清浄の手である右手は仏さまを表します。
 左手は不浄を表し、どろどろとして感情を持つ私たち人間の世界を
 表していると考えられています。
 つまりは仏さまの右手と、
 そして人間の世界の左手が胸の前でひとつになり、
 仏さまと繋がる姿勢が「合掌」という姿になります。
 左手に数珠を持つというのも、不浄な人間の左手が数珠によって導かれ、
 仏さまと繋がることができるという意味合いなんですね。


 今回は、数珠・念珠についてお話しました。
 先月お話したパールのネックレスと違って、数珠は男女共に必要なものです。
 もし、お持ちでない方、もっと良いものをと考えていらっしゃる方は、
 ギフトプラザでも念珠を扱っております。
 ぜひ、一度ご覧になってくださいね。

 放送内容を再生

再生できない場合は音声をダウンロードしてお聞きください。

放送内容ダウンロード(MP3)

おくりもの講座では、冠婚葬祭・贈答マナーについて、皆さまからの質問をお待ちしています。
いただいた質問にはメールにてご返信をさせていただきます。また、内容によってはラジオ放送の参考にさせていただきますので、どんどん質問をお寄せください!

radio@gift-p.com

QRコード画像

 表紙はこちら

お近くのギフトプラザ

お近くの「ギフトプラザ」
各店へお越し下さい。

福島県を中心に、東北・北関東・北陸で営業中です。詳しくはこちらをご覧ください。

詳細

オンラインショッピング

贈り物選びに困ったら

詳細

お問い合わせ

ギフトに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ

FreeDial
0120-234-513