おくりもの講座

おくりもの講座の詳細

毎週月曜日15:15〜15:25 FMふくしまで放送中

ギフト専門店の「ギフトプラザ」がおおくりする、冠婚葬祭、贈答に関する
文化・マナーなどわかりやすくお伝えしています。

第115回

2018.6.18 放送

 「結納」について①

≪放送内容概要≫

●結納の歴史
→結納の一番古い記録は、約1,400年前の平安時代。
 日本の16代目の天皇である仁徳天皇の皇太子が妃を迎える時に、
 「納采(絹織物・酒・肴)」と言われる贈り物が贈られたと
 日本書紀に記されていて、これが結納の始まりと伝えられています。
 それが室町時代に武家の間で作法が確立されて、
 少しずつ各地方に伝わったようです。
 今のように一般の家庭でも結納を行うようになったのは、
 明治時代になってからと言われています。


●結納の語源
→結納の語源にはいくつか説がありますが、
 代表的なものをご紹介します。

 ①結いのもの
 これから両家が新しく姻戚関係を結ぶために、
 男性側から酒や肴を持ち寄って飲食を共にして、
 結婚の申し入れをし、祝い合う時の酒肴を「結いのもの」と言い、
 それが語源とされています。
 結納品に酒、するめ、昆布などの品が使われているのは、
 その名残のようです。

 ②言い入れ(いひいれ)
 婚礼を申し込むと言う意味の「言い入れ(いひいれ)」という言葉が由来。
 語形変化して「結納(ゆいのう)」となったとされています。


●結納の意味とは
→言うなれば、結納とは「結婚しよう」という口約束だけの
 「結婚の約束」を公にするために行う、
 伝統的なスタイルの儀式になります。
 結婚の約束をした証として、両家の間で金品を取り交わし、
 婚約を確かなものにします。
 また、男性側にとっては、大切な娘さんを嫁に出す女性側のご両親に対し、
 誠意の気持ちを表す場にもなります。
 心に思っているだけでは伝わりにくいものを形に表わしたもの、
 と捉えると結納の意義が見えてきますね。
 結婚する2人にとっても、気持ちの上で大きな節目になり、
 責任や覚悟を新たにする大事なきっかけにもなります。
 また、考え方や生活習慣の違う両家がこの結納を通して歩み寄り、
 今後の円滑な親戚付き合いをするうえでも、
 お互いが尊重し合いながらお付き合いができる良い機会になりますね。


●結納はしなければならない?
→結納をする、しないは自由です。
 絶対にやらなければいけないというものではありません。
 ただし、結婚は当人同士だけでなく両家に関わる大切なこと。
 当人同士はもちろん、両家のご両親ともしっかり話し合いをしたうえで
 決めましょう。
 例えば、若い2人はそんな面倒なことはやらなくていい...
 と思うかもしれませんが、女性側の両親からしてみれば、
 大事に育ててきた娘を嫁に出すとなった時に、
 「大事なお嬢さんにお嫁に来て頂くのですから、
 ぜひ結納をやらせてください」
 と男性側のほうから提案があれば、
 こんな思いで迎えてくれるんだ、
 と安心して送り出せるのではないでしょうか?
 また、結納は一生に一度の事です。
 後から「やっておけば良かったな」と思っても間に合いません。
 「必要ない」と簡単に省略してしまうのではなく、
 ひとつのケジメとして結納を行うというのは、
 とても良いことだと思います。


●最近の結納事情
→結納というと、手間もお金もかかりそう...
 というイメージがあると思いますが、
 結納にもいろいろと種類があり、より正式に豪華にすればするほど
 もちろん費用もかさみますし、手間もかかります。
 地域によっては、しきたりどおりにしっかりと行う地域もありますが、
 最近では結納のスタイルも簡略化の傾向が強くなっています。
 本来の結納は仲人さんが使者となって、新郎宅と新婦宅を往復し、
 結納品などを届けるのが正式なスタイルです。
 しかし最近では「略式結納」といって、
 仲人を立てずに両家の親族だけが集まり、
 料亭やレストラン、ホテルの個室などで行うケースが増えています。
 特に最近では、ホテルや結婚式場などで、
 専門のスタッフが結納品の準備やセッティング、
 式の進行までサポートしてくれる「結納パックプラン」
 のようなサービスも用意してあったりします。
 こういったサービスを利用すれば、比較的気軽に結納を行えますね。

 放送内容を再生

再生できない場合は音声をダウンロードしてお聞きください。

放送内容ダウンロード(MP3)

おくりもの講座では、冠婚葬祭・贈答マナーについて、皆さまからの質問をお待ちしています。
いただいた質問にはメールにてご返信をさせていただきます。また、内容によってはラジオ放送の参考にさせていただきますので、どんどん質問をお寄せください!

radio@gift-p.com

QRコード画像

■その他のタイトル

 表紙はこちら

お近くのギフトプラザ

お近くの「ギフトプラザ」
各店へお越し下さい。

福島県を中心に、東北・北関東・北陸で営業中です。詳しくはこちらをご覧ください。

詳細

オンラインショッピング

贈り物選びに困ったら

詳細

お問い合わせ

ギフトに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ

FreeDial
0120-234-513